【比較】漫画を買うなら紙の本か電子書籍どっちが良いのか?

今回のブログでは漫画を読むなら紙で読むほうが良いかそれとも電子書籍で読むほうが良いのかそこを比較して話していきます!

漫画を買って読むなら紙の本か電子書籍どちらが良い?

 

先に結論から話していくとぶっちゃけどちらを購入して読んでも問題ありません!

それなら何故比較をしていくのかと疑問に思われると思うのでそこについて詳しく話していきます!

主な内容として!

  • 電子書籍と紙の読みやすさの違いを比較!
  • 紙の単行本と電子書籍を購入したときのメリットとデメリット
  • 読書する時の環境を比較!
  • まとめ

これらの内容を詳しく話していきます!

スポンサーリンク

電子書籍と紙の本の読みやすさによる違い!

まず話していく内容が電子書籍と紙で読む場合の読みやすさによる違いです!

これに関しては至って簡単な答えでスマホやタブレットを使って読むか紙で読むかという違いになります。

スマホやタブレットで読む場合!

スマホやタブレットで読む場合ですが紙とは違い読む方法がいろいろと存在します!

その方法がブックストアで購入して読むというやり方です!

これ以外にも無料で1話ずつ読んでいくという方法もありますが一番よくあるのがブックストアで購入するというやり方になります!

読むときですが電子書籍の場合本のデータを読み込んでから1巻を読むという流れになるので単行本とは違い読めるまでに時間差が生じますがさらさらと読めるところが印象的です。

単行本は1ページずつめくって読んでいくところを電子では左右にスライドさせて読むことが出来るので単行本より読みやすいところでもあります。(上下で読む場合もあります。)
それ以外にも電子書籍の場合指を使って気になるところを拡大できるところがもう一つの違いになります!

単行本は拡大して読むということが出来ない分眼鏡などを使う必要があるのでそこが違いますね。

最も漫画を読むのに拡大して読もうとする人はいないと思うのであまり気にすることではありませんね!(笑)

単行本で読む場合!

次紙の単行本で読んだ場合の違いについて話していきます!

紙の単行本の場合は電子書籍とは違い昔から馴染み深い方だと思います。

読むまでの流れとしては!

  • 本屋さんまで行って本を購入する
  • ネット通販で検索して本を購入し届けてもらう
  • 本をレンタルして読む

このような流れがほとんどだと思います。

電子書籍と比べると読むまでの流れに時間が掛かり中々読めないところがあります。

ですが電子書籍とは違いデータを読み込むという工程がまずないこともあり購入したらどこかに収納していつでも読めるところがあります。

なので電子書籍と比べると手元にある分手に取って早く読むことが出来るというここが重要なところになります。

スポンサーリンク

購入するときのメリットとデメリット!

次に話す内容が購入したときのメリットとデメリットについてです。

当然のことながら電子書籍には電子書籍の良さ紙には紙の良さがあります。

そこで何が良くて何が良くないのかそれぞれ分けて話していきます!

電子書籍のメリット!

電子書籍のメリットですが!

  • いつでもどこでも読むことが出来る
  • 本の収納場所に困らない
  • 最新刊が発売されると真っ先に読める

こういったことが電子書籍を購入するときのメリットになります!

特に一番のメリットがいつでも読むことが出来るという所です!

電子書籍の場合通信できる環境さえあればいつでもどこにいても読みたいときに読めるという紙の本では出来ないことができます!

本の収納場所に困らないという所でも電子書籍ではアプリの中に購入した本をダウンロードして保管することが出来ます。

なのでわざわざ本棚に入れて収納するという行動をしなくても自動的に収納されるのでそこもメリットとなります。

電子書籍のデメリット!

一方で電子書籍にもデメリットがあります。

  • 通信環境が無ければ本を読めない
  • データ使用量に負担が掛かる
  • アプリがサービス終了すると読めない

このように電子書籍では電子書籍のデメリットというものが当然のことながら存在します。

通信環境が無ければ読めない!

まず一番大事なところが通信環境です!

電子書籍が唯一不便に感じてしまうところが通信環境がなければ読みにくいというところです!

紙の場合は通信環境を気にすることなく読めるので問題ありませんが電波の届かない場所で読む場合まず通信が出来ないので読むことが不可能です!

データ使用量の負担!

2つ目のデメリットデータ使用量に関しては通信環境と比べるとまだ軽い方ですがデメリットの一つになります。

理由としては簡単でスマホやタブレットには当然のことながら使用できるデータ容量に限界があります。

なのでたくさん本を買って収納していくと知らないうちに使用できるデータが無くなっていきゲームや音楽が聞けないということがあるので買いすぎには要注意です!

提供していたサービスが終了した場合!

3つ目に関しては滅多にあるとは思えませんが電子書籍を提供するサービスが終了してしまった場合ですね。

この場合もしアプリなどでいろんな種類の作品を購入し読んでいた場合突然サービスが使えなくなってしまったら確実に読めなくなってしまいます。

その為今までそのアプリなどで使っていたお金や本に関するデータも残らないのでかなりショックを受けてしまいます。

個人的にこの電子書籍で本を購入することをしていないのでサービス終了の対応がどうなっているのかは知りませんが電子書籍を購入する場合は気を付けるようにしてください。

単行本を買う時のメリット!

次に単行本を購入したときのメリットについて話していきます!

具体的には!

  • 購入すればずっと残る
  • 読み飽きたら中古として売りに行ける

中でも一番のメリットとなるのが購入すればずっと残り続けるというところです!

電子書籍の場合購入した場合通信環境が無ければ読むことが出来ない上にサービス終了となれば読めないことがありえます。

そういったところを踏まえると捨てたり無くしたりしない限り本は手元に存在するのでここが一番のメリットとなります!

中古として売りに行く!

2つ目の中古として売りに行けるというところもメリットとなります!

単行本を何冊も日々に購入していると徐々に読み飽きてくる漫画というのも存在してきます。

そうなってくると家においても邪魔に感じてしまうと思います。

そこでうってつけなのが中古本を取り扱っている専門店です!

値段の方は購入したときよりもかなり下がってしまいますがそれでも多少は値が付くので金銭的にも助かると思います。

これは電子書籍では出来ないことなのでかなりのメリットになります!

当然のことながらデメリットも存在するのでそこを次で話していきます!

単行本を買う時のデメリット!

単行本を購入した際のデメリットですが正直メリットより多いです。

具体的には!

  • 日が経つにつれ品質が落ちる
  • 何かの拍子で破れた時
  • 多く購入すれば収納場所に困る
  • 持ち運びが難しい

このように単行本で購入する場合のデメリットはかなり多いです。

品質が日に経つにつれて落ちてくる

特に紙の場合は電子書籍と比べて品質がどんどん下がってしまいます。

なので古くなればなるほど傷んでしまいどこかが少し破れているというところが出てきます。

そうなった場合先程紹介した古本屋で売るときに値が付かないこともあるのでそこが懸念になってきます。

収納場所にだんだん困る

2つ目が収納場所になります。

電子書籍になるとデータ使用量が必要になってくるので場所に困ることはありませんが紙となれば話は変わります。

紙の単行本でも巻数が少なければ特にしまう作業で困りません。

しかし、その数が多くなってしまうと部屋のスペースが無くなってしまい本を置く場所に困ってしまいます。

なので本棚を購入したり本棚替わりの棚を購入するといったやり方が必要になってくるのでデメリットとなります。

持ち運びに困る

単行本のデメリットとなるところの3つ目が持ち運びです。

これに関しては購入したときの本数や引っ越しで苦労します。

外で大人買いをした時ですが何十巻と本を購入した場合意外に重く家に帰るまでに腕が疲れるということがあります。

勿論これは電車などの交通機関を使った場合や徒歩で帰る場合になります。

当然ですが車で移動する場合は持ち運びに気にすることはありませんが持ち運んで帰るというところでは意外に重労働に感じるのでそこがデメリットになってきます。

買いに行く場合以外でも本を持って読むには荷物となってしまうので1~2冊を外で読むことがベストになるので考えて持ち歩く必要があります。
スポンサーリンク

本を読むときの環境

最後に話す紙と電子書籍では読むときの環境でも大きな差というところがあります!

紙の単行本で読む場合!

まず紙で読む場合の環境から話していきます。

紙で読む場合は極端に読む場所が限られてきます。

具体的な場所で言えば!

  • 図書館
  • 学校(図書室)

この3つが一番適している場所だと思います。

その理由としてはやはり持ち運んで読むという事に関しては歩きながらや短時間で読むという場合には危険でもあり読む時間がまず無いということもあるためゆっくり座って読める環境が一番適しています。

ただし、学校の場合では教室で読むよりも図書室で読むほうが無難かなと思います。

この理由としては教室はうるさいこともあり周りの声で集中が出来ないかもしれませんので静かな図書室では集中して読むことが出来るからです!

電子書籍で読む場合!

電子書籍の場合は紙の単行本とは違いいつどこにいてもスマホやタブレットを使えば読むことが出来ます!

なので移動中にスマホで専用のアプリを入れているだけで漫画を読むことが可能なので紙のように持ち運んで読むという方法より持ち運びをすることなく読むことが出来ます!

※ただし、通信環境が無ければ読むことは出来ません。

基本的には単行本とは違いどこでも読めることがあるので具体例は無しで話していきました。

最後に電子書籍と紙の単行本のまとめに入って終わります。

スポンサーリンク

まとめ

最後にまとめに入りますが電子書籍と紙の単行本ではさまざまなメリットとデメリットがあることが分かったと思います。

特に知っていただきたいことは!

  • 購入する際の注意
  • 読むときの環境
  • 電子書籍と紙の単行本で読むときの大きな違い!

この3つを理解したうえで購入を検討するようにしてください!

本はアニメで放送される中身とはいろいろと違うのでアニメ派で漫画を読まない方は是非読んでみてください!

今回の記事とは違いますがアニメ関連でいろんな記事を出しているので宜しければ是非ご覧ください!

以上で電子書籍と紙の単行本による違いについての話を終わります!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ブログ記事漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
mattyanをフォローする
まっちゃんの趣味ブログ!

コメント