【ネタバレ】ヒロアカワールドヒーローズミッションを見て!【感想】

今回のブログでは2021年8月6日(金)に公開された「僕のヒーローアカデミアThe movie world heroes’MISSON」の感想を話していきます!

僕のヒーローアカデミアThe movie world heroes’ MISSON!

 

本題を話し前にこの記事では映画のネタバレをしているのでネタバレを知りたくない人はここで読むのをやめてください。

ヒロアカワールドヒーローズミッションの感想を話す前に考察記事も出していているので、宜しければそちらもご覧ください!

【最新情報】ヒロアカ映画第三弾ワールドヒーローズミッションを予想!【考察】

それでは早速感想を話していきます!

スポンサーリンク

ヒロアカワールドヒーローズミッション感想!

今回のヒロアカTheMovieワールドヒーローズミッションではヒューマライズが企む「個性終末論」を実行する計画を阻止するためにインターンを取り組んでいる雄英生達やプロヒーロー達が人々を守るために全力で阻止するというものでした!

個人的にいろんなヒーローの活躍を観ることができるのかな?と予想していたところではありましたが、意外にもデク爆轟ショートの3人の戦いが多かったので完全にメインはこの3人だと思いました。

いきなり感想を話しても話しが全く分からないのであらすじを話しながらワールドヒーローズミッションで注目するところを話していきます!

ストーリーのあらすじ!

世代を経るごとに深く混ざり合った”個性“が人類史を終焉に導くとする理想「個性終末論」を掲げ、”個性“を「」と称し、世界中の”個性“保持者の殲滅を目論む謎の集団・ヒューマライズ。

彼らが世界各国に仕掛けた、”個性“を強制的に暴走させ崩壊に導く爆弾「個性因子誘発爆弾(イディオトリガーボム)」から人々を救うため、全世界のプロヒーローと、その下でインターン中だった雄英高校ヒーロー科が招集され、「世界選抜ヒーローチーム」が結成!

各地で爆弾の回収作業にあたっていた。

エンデヴァー事務所でインターン中だった出久・爆轟・轟の3人も、日本から遠く離れた国「オセオン」で作戦行動中に、とある事件に巻き込まれ、出久がなんと全国指名手配させてしまう。

そんな中、ヒューマライズからの犯行声明が全世界に届く―。

「タイムリミットは今から2時間」。

ヒロアカ史上最大のミッションを前に、世界の、そしてヒーローたちの未来が、”彼ら“に託された―。

これがパンプレットにあるストーリーのあらすじになります!

ここからはそんなワールドヒーローズミッションの注目するところについて話していきます!

ワールドヒーローズミッションのここが注目のポイント!

ストーリーについていろいろと分かったと思うのでそんなワールドヒーローズミッションの注目すべきところについて話していきます!

ロディとデクの旅!

ワールドヒーローズミッションで大半を占めると言っても過言ではないのが運び屋ロディとデクの出会いです!

最初の方ではヒューマライズの支部へ潜入し、イディオトリガーボムを回収してフレクト・ターンを倒すというところでした。

しかしそのフレクト・ターンの姿はなく翌日は出久、爆轟、轟の3人で買い出しに行きました。

その途中で宝石強盗に出くわし、追いかけている途中からロディがケースを受け取り敵を捕まえた轟がケースがないことに気付き、後から来たデクがケースを持つロディを発見して追跡を続行します!

追跡をする中でロディが邪魔をしてくるのを避けながら進んでいたデクですが途中で見失ってしまいます。

しかし、別の場所で事故に遭いかけたロディがケースを落としてしまいました。

ですがすぐさま拾いましたがデクに見つかり地下で逃走を図りましたがデクが追いつき中身のチェックをされます。

そのケースに入っているはずの宝石が何故か入っておらず資料や書類が入っていたのでロディは事故でケースを間違えて拾ったことに気付きます!

全国指名手配をされるデクとロディ!

地下に出たロディとデクですが突然警察に取り囲まれて訳を聞くこともなく突然発砲されその場を去ります!

その途中で敵からも攻撃を受けるデクはただひたすらロディを抱えながらなんとか振り切りました!

突然何が起こっているのか分かっていないデクですが、連絡した轟から大量殺人の容疑で全国指名手配されたことを聞き身を隠すことになります。

しかし、オセオンにいるのは見つかる危険性が高いので隣国の「クレイド」へ移動することにしました。

それを轟にメールの暗号で伝えられたので爆轟と共にデクが向かっているクレイドに向かいました。

明かされるケースの正体!

そして轟がメールで連絡を受けている間にプロヒーロークレアからロディの巻き込まれた事故の詳細について聞いたことを話しました!

その事故ではスーツを持っていた張本人がヒューマライズと関わりを持っており、スーツの中身をヒューマライズが狙っているということで警察にも注意しなければいけないということで轟と爆轟はクレイドに向かいます!

一方でデクとロディは気付かれないように地道にクレイドへ向かっていましたが途中でロディが警察に助けを求めてしまったのでヒューマライズの敵から攻撃されそうになりました。

そんな時にロディの相棒ピノから危険を知らされたデクが助けに入りなんとかケースを奪われずにその場から逃げられました!

ただ、デクはロディを守るときに矢が少し当たってしまったのでゆっくりクレイドを目指すことになりました。

しかし、クレイドに近づいたとき敵から襲撃されてピンチになりますが途中で爆轟と轟が救援に入ったことでケースとロディを守り切ります!

合流した轟からはケースの中身について教えてもらいデクはスーツにある仕掛けに気付きケースからとある物を取り出しました。

その物は分解しようにも中々解けないので苦戦していたところロディが幼いころに解いたものと似ていたので過去の記憶を頼りに分解して、チップと記憶媒体のような物を取り出しました!

ヒューマライズの真の狙いと本拠地に乗り込むデク達!

クレイドに到着したデク達はホテルで手に入れたメモリーから得られる情報を探したところフレクト・ターンが企む真の狙いを見つけてしまいました。

その狙いについて轟が情報を送ろうとしましたがフレクト・ターンが全世界に向けたイディオトリガーボムを2時間後に爆破するという予告が流されたことにより自分たちで本拠地に乗り込むことにしました。

さらに記憶媒体にはイディオトリガーボムを解除できるキーとなっていることが判明したので本拠地に行き世界を救うべくデク達が動き出します!

このような感じでデクがロディに出会わなければ解決できなかった事件であったことがいろいろあったのでロディは注目するキャラとなります!

デク達の成功を信じるヒーロー達!

そしてヒューマライズとの戦いでは!

オセオンアメリカフランス日本シンガポールエジプトと全世界で繰り広げられます!

イディオトリガーボムを回収するため必死に戦いを挑みながら人々に被害が及ばないように動いていました!

そんなイディオトリガーボムの爆発を止めることはまず困難を極めていたので止めるためには解除キーを持つデク達を信じて戦う必要がありました!

本拠地では爆轟が入口を担当し、轟はデクを止めるために動く敵の相手をしてデクは解除キーを持ちフレクト・ターンがいる場所まで向かいます!

爆轟に関しては部下を倒していましたが途中で敵「サーペンターズ」が現れて大苦戦を強いられました。

一方で轟は敵「レヴィアタン」の個性”ヘリカルサイズ“により氷壁を作っても回転で簡単に壊されてしまい苦戦を強いられました。

この戦いの結末に関しては是非映画でご覧ください!

フレクトターンとデクの限界を超えた戦い!

そしてワールドヒーローズミッションの最後にはヒューマライズのボスフレクト・ターンがデクが計画を阻止するところを止めるために立ちはだかります!

デクは当然のことながら攻撃を仕掛けますがフレクト・ターンにはダメージを与えられず逆に自分がダメージを受けてしまいました!

その理由としては、フレクト・ターンの個性”リフレクト“が答えになります!

この個性は攻撃してきた相手の攻撃を全てカウンターをして返せるというとんでもない能力でした!
しかも常時発動型なのでいくら攻撃を仕掛けても全ての攻撃が全く通用しないというかなりのピンチに追い込まれます!

ですがどこかに弱点があるはずと考えてデクはひたすら攻撃を仕掛けました!

そしてついにフレクト・ターンの弱点を見つけることができたので次々に攻撃を仕掛けにいきます!

それが個性を使い続けることで起こる限界を迎えるというところです!

フレクト・ターンは自身の個性によりいろんな人と関わりを持てなくなってしまい個性を克服するのではなく個性を無くすという考えに至りました。

その為デクの攻撃を受け続けることでリフレクトする個性に限界が来たので徐々に攻撃が入るようになりました。

そこでデクはフレクト・ターンを倒すべくワンフォーオールを100%まで引き出して最後の戦いに挑むという流れになります!

この決着に関しては、映画を観て楽しんでください!

物語の鍵!

そしてワールドヒーローズミッションの鍵となるのが今回デク達とヒューマライズを止めに行くロディです!

このロディの個性の活躍によりイディオトリガーボムの阻止が成功する鍵になるので是非ご覧ください!

そして少し余談ではありますが友達が少しここがヒロアカでやっちゃいけないところだなぁとなったところについて軽く話します。

これに関してはヒロアカが好きな自分も納得してしまうところになります。

それがデクがワンフォーオールを100%使った時のことですね。

アニメでは夏の合宿が終わった際に医者から後1~2回か同じ怪我が続けば腕が一生使えない体になるという宣告を受けていました。

それなのにワンフォーオールを全開で使ってもリカバリーガールの治癒で何事もなかったかのように終わってしまっていたのでそこが唯一悪いところとして話していました。

スポンサーリンク

アジカンが歌う主題歌「エンパシー」

今回の映画で主題歌を担当したアジカンの「エンパシー」も是非聞いてみてください!

聞いてみると映画ともいろいろなところでマッチしている曲なので映画を観た後にも是非聞いてみてください!

スポンサーリンク

ヒロアカを無料で見るなら!

このヒロアカの記事を読んで「面白そう!」、「ヒロアカを見てみたい!」と思った方がいると思います!

ただ、見るにしてもお金が掛かって見れないという考えが出てしまうと思いますがそんな方でも無料でヒロアカを視聴することが出来ます!

その無料で見られるサービスがこちらになります!

各サービス月額料金作品数お試し期間貰える特典無料視聴
U-NEXT2189円21万本以上31日間600円分のポイントをプレゼント今すぐ見る
dアニメストア440円2500作品以上31日間×今すぐ見る
dTV550円12万本以上31日間dポイントプレゼント今すぐ見る

紹介したサービスは別の記事で詳しく話しているので気になる方は是非こちらもご覧ください!

【おすすめ】【恋愛】アニメ作品を無料トライアルで見放題が可能な3社を比較!

以上でヒロアカワールドヒーローズミッションを見た感想を終わります。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

アニメブログ記事映画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
mattyanをフォローする
まっちゃんの趣味ブログ!

コメント