【ネタバレ】ボルト14巻受け継ぐものを読んで!【感想】

今回のブログでは4月30日に発売されたボルト14巻の感想について話していきます!

ボルト14巻受け継ぐものを読んだ感想!


本題の14巻の感想に入る前に、前回の13巻の振り返りを少しします!

スポンサーリンク

ボルト13巻生贄!

ボルト13巻では、殻のリーダージゲンが本来の姿大筒木イッシキへと進化し、裏切った果心居士と戦うところから始まりました。

その戦いの中で果心居士は、アマドが作った自来也のクローンだったということが判明しました!

そして、戦いに挑むものの、全く敵うことなく窮地に追い詰められましたが、口寄せでなんとかその場から立ち去ることに成功しました。

果心居士が逃げたことで、目的はカワキへと変更し、自分が完全復活を果たす為に、木ノ葉へ向かいました。

木ノ葉に時空間移動で現れたイッシキは、ナルトと交えますが、そこにボルトが現れ別空間に移動し、そこで決着を着けることになりました。

ただ、前回ナルトとサスケはイッシキに変わる前のジゲンに完全敗北をしたこともあり、より強くなったイッシキを前に当然のことながら苦戦を強いられました。

戦いの中で、サスケが標的にされ、一方的にやられ留目を刺されると思ったその時に、ボルトがサスケを庇い危機を免れました。

そこでボルトは、イッシキが自分を殺せないということに気付き、ボルトも戦いに参戦することになりました。

ただ、何故ボルトが殺されなかったのかは至って簡単で、大筒木の器となった人物は十尾の餌となり、チャクラの実を作れるということでした!

その為、ボルトを殺してしまうといい実を作る神樹が作れない為、殺さない程度にボルトを痛めつけました。

一方でナルトはこのままだと全員殺されるということもあり、クラマから最後の賭けで命を失う代わりに勝つやり方でイッシキに挑むことにしました!

スポンサーリンク

ボルト14巻受け継ぐもの内容と感想!

そして、その本題の14巻では、ナルトが命を捨ててまでの姿「バリオンモード」になりイッシキと決着を付けに戦いに挑みました!

このモードは、ナルトとクラマのチャクラを基にしたうえで全く別のエネルギーを作るというもので、クラマモードや六道仙人モードのような他の自然エネルギーを得て戦うのとでは違うということでした!

実際にバリオンモードで戦うナルトは、以前とは比べ物にならない程の強さを見せ、イッシキを圧倒していました!

ただ、そんなナルトも少し動くだけで急激に動きが鈍くなり、形勢が逆転されますが、イッシキに異変が起き、突然血を吐きました!

この理由は、バリオンモードにあり、ナルトとクラマが命を削ってまでする攻撃は触れる者の命をも削るというものでした!

なので、寿命が僅かしかないイッシキには効果が凄く、致命的な攻撃をせずとも触れ続けることで倒しに行けるので、徐々に寿命が減っていき、20時間以上あったところを残り10分まで持っていきました。

イッシキは、このままではマズいと思い、ナルトのチャクラを持つカワキの義手を利用し、時空間でカワキを異空間まで引っ張り再び器を作りに掛かります!

ですが、サスケがナルトの代わりに時間稼ぎをして白眼で感知できない粉塵をカワキに渡し残り5分まで減ったイッシキを追い詰めました!

ただ、イッシキは動けなくなったナルトを痛めつけてカワキが出てくるように誘い出し、寿命が来る前にカワキはナルトを救うため姿を現しました。

そして、カーマを再び刻み込んだイッシキは転生しようとしますが、何故かカーマが消えてしまいました。

その理由としては、カワキが影分身の術を覚え、イッシキをだましてやり過ごしたという意外なことが起き、そのままイッシキは転生できず死にました。

イッシキとの戦いが終わり、ほっとする中でボルトがモモシキに体を乗っ取られ3人はピンチを迎えます。

ただ、このモモシキとの戦いでは、何故か術を吸収せず不思議に思ったサスケは、術を吸収することでボルトが目覚め窮地を打破出来るということが分かりました。

そこで、同じく器として役に立つことが判明したカワキは、自ら死のうと炎を出したので折角の餌を死なせるわけにはいかないと術を吸収したことでボルトの意識が戻り危機が去りました。

バリオンモードの代償!

そんな危機が過ぎた中で、いよいよ死を迎えると覚悟したナルトでしたが、実は命の代償となるのはクラマでした!

バリオンモードは、クラマの命を引き換えにすることで、強くなる手段でバリオンモードが終わってしまっても、ナルトが死ぬことはないというものでした。

なので、これまで生まれてからずっと一緒だったクラマが今回の戦いで死を迎え、ナルトは人柱力として生きる必要がなくなりました。

ですが、これからずっと共に生きていくと思っていたナルトとクラマがこのような形で別れを迎えることにあるのはかなり辛いところです。

正直、あまりこのことについて書くかどうか悩みましたが、忍の世界を守ろうとしたクラマの決意は書くべきだろうと判断したので書かせていただきました。

殻の新たな敵!

そして14巻の最後では!

大筒木イッシキは死んだものの、その意思を受け継ぐコードという人物が動き出します。

コードは、アニメでも登場していますが、このキャラの登場でどのように物語が進んでいくのか未知なところもあり、気になるところではあります。

その一方で、ボルトは戦いが終わり、カーマの力で木ノ葉に帰ることが出来て14巻は終わります。

感想!

最後の感想としては!

バリオンモードで誰一人として失って欲しくない想いがいっぱいではありましたが、クラマがナルト達を守るために犠牲となって死んでしまったことの印象が強すぎて、正直読んだことを後悔しつつもあります。

ナルトを読んでボルトを読んでいない人からすれば、ナルトとクラマは最高のコンビとしてずっと記憶に残っていると思います。

ですが、14巻ではクラマが死んでナルトは急激に弱くなってしまっているので、凄く心配ではありますが、なんとか今後の危機を乗り越えて欲しいところです。

今回のこの記事を読んでどんな戦いか気になった方は、ボルト14巻のURLを載せておきますので自分の目で読んでクラマの最後を見届けてください!

各サービス単行本試し読み
まんが王国418pt
ゲーマーズ484円(税込)×
アニメイト484円(税込)×
U-NEXT初回登録時のみ無料

スポンサーリンク

無料で3000作品以上を読めるまんが王国!



まんが王国では会員登録をすることで以下の内容を体験できます!

  • 無料で漫画を3000作品以上読める!
  • 毎日最大50%ポイント還元!
  • 期間限定最大80%ポイント還元!

お金が掛からない無料会員でも!

  • 来店ポイントを毎日貰える!(5がつく日にはポイント5倍!)
  • 0円作品を本棚に入れて何度も無料で読める!
  • 毎日20時に30%OFFクーポンを1枚配布!

このようなサービスも取り扱っています!

さらに会員登録後で初めてポイントを購入する方には!

最大で18,000ポイントも還元されます!

勿論、ポイントを購入することなく漫画を読めるので、気になる漫画があれば30%OFFのクーポンを使ってお得に読むことが出来ます!

\ たった2分で簡単に会員登録! /

今すぐまんが王国で読む

以上で、ボルト14巻受け継ぐものの感想を終わります。

ご質問、ご要望、感想がありましたら、お問い合わせやコメントをご利用していただけると対応いたします。

最後まで読んで頂きありがとうございます!

ブログ記事漫画
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
mattyanをフォローする
まっちゃんの趣味ブログ!

コメント